トライアル雇用奨励金

助成金概要

写真 事業主が、ハローワークから紹介を受けた労働者を試行雇用(原則3ヶ月)することにより、
その適性や能力などを見極め、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけとするための助成金です。

主な受給要件

@雇用保険の適用事業の事業主であること

A公共職業安定所(ハローワーク)の紹介により、次のいずれかに該当する人を「トライアル雇用」として雇用すること

【トライアル雇用対象者】
(平成25年度から下記の取扱いに変更となりました!)
「職業経験、技能、知識等から安定した職業に就くことが困難な求職者」であって、以下のいずれかの要件を満たし、かつ、職業相談などを通じて公共職業安定所長がトライアル雇用が必要であると認めた人が対象となります。

 (1)これまでに就労の経験のない職種または業務に就くことを希望する人
 (2)離転職を繰り返している人(※注1)
   (※注1)過去2年以内に離職・転職を繰り返している状態にある人であって、
        今後は長期的に安定した就業を希望する人

 (3)直近で1年を超えて失業している人(※注2)
   (※注2)直近で1年を超えて就業していない場合に対象になります。
        パート・アルバイトなど正社員以外の就業形態も含みます。

 (4)その他の就職の援助を行うに当たって特別に配慮を要する人(※注3)
   (※注3)母子家庭の母等、父子家庭の父、生活保護受給者、季節労働者、
        中国残留邦人等永住帰国者、日雇労働者、住居喪失不安定就労者、
        ホームレス、その他トライアル雇用の活用が必要と認める者

Bトライアル雇用日の前日から3年間において、当該対象者を雇用したことがないこと

Cトライアル雇用日の前日より6ヶ月前の日からトライアル雇用終了日までの間に事業主都合による解雇者等を出していないこと

D支給申請日の属する年度の前年度より前のいずれかの保険年度における労働保険料の滞納がない。

など

※詳しい内容については当事務所までお気軽にお問い合わせください!

支給額

1人あたり 月額4万円(最大12万円)
労働者1人につき、月額4万円が最大3ヶ月間支給されます。

受給のための手続き

@公共職業安定所(ハローワーク)へトライアル雇用の求人登録
               ↓
Aトライアル雇用の労働者の紹介を受け、面接し、雇用契約を締結する
               ↓
Bトライアル雇用実施計画書の提出(雇入れから2週間以内)
               ↓
C有期雇用契約(原則3か月)
               ↓
Dトライアル雇用の終了、本採用(期間の定めのない雇用である常用雇用契約を締結)
               ↓
E「トライアル雇用結果報告書 兼 試行雇用奨励金支給申請書」を提出する(終了後2ヶ月以内)
               ↓
F奨励金の支給



その他の助成金はこちら!

〔メイン対応地域〕 石川県(金沢市,小松市,野々市市,白山市,能美市,加賀市)福井県、富山県