高年齢者雇用開発特別奨励金

助成金概要

写真

雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者(※1)を、ハローワーク等(※2)の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る)に対して、助成金が支給されます。

(※1)以下の条件を満たす者に限ります。
@雇入れに係る事業主以外の事業主と1週間の所定労働時間が20時間以上の雇用関係にない者
A雇用保険または船員保険の被保険者資格を喪失した離職の日から3年以内に雇い入れられた者
B雇用保険または船員保険の被保険者資格を喪失した離職の日以前1年間に被保険者期間が6ヶ月以上あった者

(※2)ハローワーク、地方運輸局及び雇用関係給付金の取扱に係る同意書を労働局に提出している有料・無料職業紹介事業者及び無料船員職業紹介事業者

受給できる事業主(概略)

1.雇用保険の適用事業主であること。

2.対象労働者をハローワークなど(上記※2)の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主であること。

3.対象労働者を1年以上継続して雇用(期間の定めのない雇用または1年以上の契約期間の雇用)することが確実であると認められる事業主であること。

4.資本、資金、人事、取引等の状況から見て対象労働者を雇用していた事業主と密接な関係にある事業主でないこと。

5.対象労働者の雇い入れ日の前後6ヶ月間に事業主の都合による従業員の解雇(勧奨退職を含む)をしていないこと

など

具体的な要件に関してはお気軽にお問い合わせください!

ご確認ください!

上記に該当する事業主であって、以下のいずれにも該当しないことが受給するための要件です。
該当する場合は、奨励金の支給は行われません。

@ハローワーク等の紹介以前に雇用の予約があった対象労働者を雇い入れる場合

A雇い入れ日の前日から過去3年間の雇用関係、出向、派遣または請負により雇い入れに係る事業所において就労したことのある者を、再び同一事業所に雇い入れる場合

Bハローワーク等の紹介時点と異なる条件で雇い入れた場合で、対象労働者に対し労働条件に関する不利益、または違法行為があり、かつ、当該対象労働者から求人条件が異なることについての申し出があった場合

C雇い入れに係る事業所において、前々年度より前のいずれかの年度に係る労働保険料を滞納している場合

D偽りその他の不正行為により本来受けることのできない助成金等を受け、または受けようとしたことにより3年間にわたる不支給措置が執られている場合

など

支給額

※中小企業は()内の支給額です。2回に分け半年ごとに支給されます。


<対象労働者の1週間の所定労働時間 30時間以上の場合>
 1人あたり  50(60)万円 (第1期 25(30)万円、第2期 25(30)万円)


<対象労働者の1週間の所定労働時間 20時間以上30時間未満の場合>
 1人あたり  30(40)万円 (第1期 15(20)万円、第2期 15(20)万円)



平成28年4月1日以降の雇入れから、助成額を引き上げます!


<対象労働者の1週間の所定労働時間 30時間以上の場合>
 1人あたり  60(70)万円 (第1期 30(35)万円、第2期 30(35)万円)


<対象労働者の1週間の所定労働時間 20時間以上30時間未満の場合>
 1人あたり  40(50)万円 (第1期 20(25)万円、第2期 20(25)万円)

受給のための手続きについて

@ハローワーク等からの紹介
        ↓
A対象労働者の雇入れ
        ↓
B助成金の第1期支給申請
        ↓
C支給申請書の内容の調査・確認
        ↓
D支給・不支給の決定(申請事業主に通知書送付)
        ↓
E奨励金の支給

(第2期支給申請も同様)

中小企業とは

中小企業に該当する企業は、業種ごとに以下に該当するものをいいます。

◆小売店・飲食店 ・・・ 資本金もしくは出資の総額が5千万円以下または常時雇用する労働者数50人以下

◆サービス業 ・・・ 資本金もしくは出資の総額が5千万円以下または常時雇用する労働者数100人以下

◆卸売業 ・・・ 資本金もしくは出資の総額が1億円以下または常時雇用する労働者数100人以下

◆その他の業種 ・・・ 資本金もしくは出資の総額が3億円以下または常時雇用する労働者数300人以下

〔メイン対応地域〕 石川県(金沢市,小松市,野々市市,白山市,能美市,加賀市)福井県、富山県